姉さんの卵


姉さんは服を脱いで 風呂屋へ行ってしまった 姉さんの残した下着に 小さな黄色い卵が一つ突っ立っている 卵は最初はおとなしく 黒い糸のような糞を出していたが 突然はじけて裏返り 小さな茶色い毛玉になり 驚いた勢いで 姉さんの服を平らげ 大きな毛達磨になった 姉さんはその晩とうとう帰ってこなかった


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(風呂屋)||次頁(木の目)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp