木の目


ずいぶん、昔 森の木には 何でも覚えている 目があるから 森へ行ってはいけないと 村の人々が本気で信じていた頃 子供の私は そんなことは全然信じないで 森の中でも 一きわ大きい木の目を 白く濁ってくるまでなめまわして 逃げてきたのでしたが 今朝私の寝床の枕元に はえていたその木の目は まだ白い涎をたらしていました


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(姉さんの卵)||次頁(夜)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp