てのひら


濡れた岩にてのひらが たくさん咲いている 山の中だから光は あまり届かないし 空気は切り刻まれて薄く もう秋だから ぺったり枯れ葉が 貼りついているのもあるが 小川のせせらぎが聞えなくなる程 ギシギシと音を立てて 元気に指を動かしている 握ってみると 涙のような汗がわき出てくる そこで一枚ていねいに ちぎってみると 切り口から赤い液が流れ出て みるみるうちにしぼんで 小さな青いかたまりに なってしまった ちぎったあとは 新しいてのひらがすぐはえて あいかわらず ギシギシと音をたてて 元気に指を動かしている


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(夜)||次頁(どろだんご)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp