地面


かたいと思っていた地面に 中味はなかった 中味がないとわかってみれば それは ぶよぶよのヒフにすぎなかった 目を閉じれば 頭は前にのめって 地面の中に すっぽりとはまりこんでしまう 一週間もたつと 地面の反対側から ポンとたたきだされるが それはぶよぶよのヒフにすぎない また頭から 地面の中にのめりこんでしまう 以来 私の頭はだんだんやわらかくなっている


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(どろだんご)||次頁(満月)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp