食欲


体中にラードをべたべたと 楽しそうに塗りつけて ことさらに照明に向かい 濡れた肌を光らせる踊り子 乾ききった空気に 細かいおがくずが漂い 狭苦しい沼に沈んだ舟のように 生き埋めになったままの死体のように じっとすわらされたおれの ちゃちな脳細胞は一粒一粒 小さな音を立ててはじけ 小さなしらじらしさを残す あたり一面に安っぽい花粉を すえた体臭をまきちらし はねまわりころげまわり 横になって大きく股を開き ぺたんとすわった尻の穴から 酸っぱい煙草の煙にまじって かん高い笑い声が 矯声が罵声がこだまする おれのむずかゆい手はついに ひげの張った猫の顔になって 次々に蛤をこじあけては めざましい食欲で中身を食いまくる


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(種)||次頁(毛のはえた太陽)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp