溺死者


まっすぐに道を歩いていた人が 突然横を向き 川に身を投げ 溺死者となる 溺死者は ゆっくりと川を泳いで下り 海にはいると 夜を夢みてゆっくりと沈んでゆく 皮膚は自然にめくれ 肉は魚に啄まれ 骨は塩に侵されて 最後に残った二つのてのひらが 海星になって 深海に見えない光を発する


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|前頁(糸)||次頁(鉛の人)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp