どろだんご


ぼくはふえを ふいていました でもふえは げりをしていました ピーピーと ならそうとしても ごろごろとしか ならないのでした そこでぼくは ふえをふくのはやめて どろのだんごを つくることにしました ねとねとしたどろを にぎりかためて かわいたすなをつかって いっしょうけんめいみがくと つやがでて とてもきれいになって どろでつくったようなきが しませんでした それでちょっとたべてみたくなって ひとくちたべてみたら あまりおいしくなかったけど おなかがすいていたので ぜんぶたべちゃった いえにかえって おかあさんにはなしたら おかあさんはきゅうに おこりだして ぼくのりょうあしを おもいきりつかんで さかさにぶらさげました そうしたら どろのだんごはぜんぶ べとべとになって くちからとびだして しまいました せっかくたべたのに もったいないなあと ぼくはおもったけど もうおかあさんには そんなことはいわないで いいこにして おしっこといって おべんじょにいって あそびました


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|目次||前頁(てのひら)||次頁(地面)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp