鉛の人


顔が錆びついて 腐って 崩れてきた 崩れた部分には 鉛を埋めて 補修しなければならない 顔が重くなって 人々はうつむきかげんに歩いた 朝の地下鉄は 鉛のかたまりでいっぱいだ 地下鉄が揺れると あちこちで鈍い金属音が さらさらと響く 街は静かになった


(C) Copyright, 1995 NAGAO, Takahiro
|ホームページ||詩|
|目次||前頁(溺死者)||次頁(病死)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp