譁手陸蜆ェ莠碁ヮ縺ョ句

February 2121997

 胸にさす鉛筆日脚伸びにけり

                           斎藤優二郎

来「日脚(ひあし)伸ぶ」は冬の季語。冬至過ぎの少しずつ日脚が伸びていく状態を言う。だが「伸びにけり」となれば、早春と考えたほうがよいだろう。真冬に比べると、このごろはずいぶんと日没が遅くなってきた。作者は戸外で仕事をしているのだろうか。あるいは吟行の夕暮れ時かもしれない。いずれにしても、本格的な春の訪れの予感のなかで、作者の胸の内は明るくなっている。胸ポケットにさした鉛筆も明るい色だ。平凡な句のようでいて、そうではない。鋭い。「俳句研究年鑑'95」所載。(清水哲男)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます