譛ャ逕ー莉、菴ウ縺ョ句

November 01112001

 鰡とんで夜釣の赤き電気浮子

                           本田令佳

語は「鰡(ぼら)」で秋。代表的な出世魚の一つで、成長するにしたがって名前が変わる。幼魚のころは「はく」と言い、途中で幾度か名前が変わり、成魚となり泥臭さが抜けてくる秋になると「ぼら」になる。数年生き延びた大型魚は「とど」。最後が「とど」ゆえ「とどのつまり」なる表現が生まれた。……とは、実は物の本で得た知識であって、私は生きているこの魚を見たことはない。俳句は日常身辺事に取材することが多いので、山の子である私は、海の句が苦手だ。たいていの句が、よくわからない。でも、この句には一読して魅かれた。実景は知らないけれど、寒くて真っ暗な海に赤く灯る電気仕掛けの「浮子(うき)」がぽつりぽつりと浮いている様子を想像すると、鮮やかな絵が浮かんでくる。そして、姿の見えない「鰡」が、ときおりぱしゃっと跳ねる音も聞こえてくる。視覚的効果のなかに、音がよく生きていると思えた。それにしても、いまは「電気浮子」なんて洒落たものがあるのか。子供のころは川でよく釣ったが、あのころいちばん欲しかったのが、ちゃんとした「浮子」だった。買う金がなくて、そこらへんの萱(かや)を適当な長さに切って使っていた。釣りながら最も見つめるのは「浮子」だから、立派なものが欲しくなるのは人情だろう。生まれて初めてパリに行ったとき、デパートの釣り具売り場に、実にさまざまな形と色の「浮子」が並んでいたのが、忘れられない。まさに釘付け状態で、見惚れた。使うことはないが記念に求めようかと思案したけれど、このときも、気に入ったものはあまりに高すぎて買えなかった。「俳句界」(2001年11月号)所載。(清水哲男)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます