隗偵蜈蛾寇縺ョ句

June 0962002

 日曜はすぐ昼となる豆の飯

                           角 光雄

語は「豆の飯(豆飯)」で夏。会社勤めの人ならば、ほとんどの人が共感を覚える句だろう。日曜日はいささかの朝寝をすることもあるけれど、実際すぐに昼が来てしまう。昨晩までは、あれもしようこれもしようなどと思っていたのに……。一見、小学生にでも詠めそうな句だ。が、そうはいかないのが「豆の飯」と結んだところ。昼食に旬の豆飯とは、ちょっとしたご馳走である。目へのご馳走、そしてもとより舌へのご馳走。日頃は味気ない外食を強いられている夫への、妻のささやかな心尽くしなのだ。作者は「おっ、もうこんな季節か」と嬉しく感じ、しかし同時に、自分が無為に過ごした午前中の時間を、妻が手間のかかる豆飯のために時間を上手に使ったことに思いが及んでいる。焦りとまではいかないのかもしれないが、なんとなく自分が怠惰に思えた一瞬でもある。豆の緑に真っ白い飯の鮮やかな対照が、ことさらに目に沁みる。私もサラリーマンと似たような日々を送っているので、この句は心に沁みた。そしてさらに、うかうかしていると明るい時間は瞬く間に過ぎてしまい、あっという間にテレビの「サザエさん」タイムがやってきて、明日の仕事のことなどをちらちらと思いはじめるのだ。哀しきサガと言うなかれ。でも、やっぱり哀しいのかな……。『現代秀句選集』(1998・別冊「俳句」)所載。(清水哲男)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます