螻ア蟠手撃譎エ縺ョ句

November 02112003

 さやけしや小さき書肆の大六法

                           山崎茂晴

語は「さやけし」で秋。「爽やか」の項に分類。例外はある。だが、ほとんどの「小さき書肆(しょし)」の品揃えは恣意的と言ってよいだろう。我が家の近くにも小さな本屋があって、たまに入ってみるけれど、棚は目茶苦茶に近い。取次業者の言うままに、売れそうな本を取っ換え引っ換えしていることだけは分かるが、店主の目というものが全く感じられない。これでは日々の仕事に張り合いがないだろうなと、余計なことまで思わされてしまう。作者はたぶん、さしたる期待もなく、そんな小さな本屋に立ち寄ったのだ。で、ひとわたり店を見回しているうちに、なんと「大六法」の置いてあるのが目に飛び込んできた。分厚い「六法全書」だ。店のたたずまいからして、わざわざこの店に六法全書を求めに来る客がいるとも思えない。でも、それは置いてある。毅然として棚に納まっている。思わず、作者は店主の顔を見たのではなかろうか。その店主の心映え、心意気をまことに「さやけし」と、作者は感じ取ったのである。よくわかる。ところで、六法とは具体的にどの法律を指すのか。あらためて問われると、咄嗟には私には答えられない。調べたついでに書いておくと、憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法の六つの法律を言う。また大六法・六法全書は、以上の六法をはじめとして各種の法令を収録してある書籍のこと。分厚くなるわけだが、ちなみにこのように各種法令を網羅して一冊にまとめた法律の本は外国には無く、日本独自のものだそうである。『秋彼岸』(2003・私家版)所収。(清水哲男)


May 1952005

 廃屋の内なる闇やさつき燃ゆ

                           山崎茂晴

語は「さつき(杜鵑花)」で夏。句景色は明瞭だ。誰も人の住んでいない(あるいは、誰も使用しなくなった)「廃屋」の周辺に、この夏も例年の通りに「さつき」が燃えるように咲いた。花の明るさが派手であるだけに、暗い廃屋との対比が鮮やかに感じられ、目に強い印象で焼きつけられる。そこで「内なる闇」に思いをいたせば、さまざまな想像がわいてきて、読者によっては廃屋にまつわる物語性を感じることもあるだろう。手法的に言って、景物のコントラストを強く意識させるべく詠まれた句だ。このように、多くの俳句は取り合わせの妙を大切にするから、おのずと作者は両者のコントラストの強弱ゃ濃淡を調節しながら詠むことになる。そしてその調節の具合は、変なことを言うようだけれど、デジカメのフルオート撮影のように、結局のところ作者各人の持って生まれた気質に依っているようである。デジカメにはそれぞれに癖があり、オートで撮るとよくわかる。あるメーカーのものはコントラストがいつも強く出るし、別のメーカーのものだといつも控えめであったりする。むろんどちらが良いというものではなく、使い手の好みに属する問題だ。そんな目で掲句の作者の詠みぶりを見ると、さつきと廃屋のコントラストの強さもさることながら、そこにもう一押し「内なる闇」を置いたことで、物事や物象の輪郭鮮明を好む人であるらしいと知れる。たった十七文字での表現ながら、作者の気質はかなり正確に反映されるということだ。面白いものです。『秋彼岸』(2003)所収。(清水哲男)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます