遏ウ螻ア繝ィ繧キ繧ィ縺ョ句

March 1132011

 春障子かすかに鳴りぬ放哉忌

                           石山ヨシエ

日の句は難しい。作家、俳人の場合なら、その人の一般的評価のようなものを基盤に置いてつくりがちである。太宰忌なら放蕩無頼とか、啄木忌なら石をもて追はるるごとき風情か、或いはそれを逆手にとって逆の面を強調するとか。まあ、どちらにしても、その作家に対して自分なりの個人的な評価を持った上での句はあまりない。つまり愛してやまない人物や作家に対する挨拶でないと忌日の句は成功しがたいのでないか。この句は作者が鳥取在住ということで「かすかに」が実感として生かされている。障子のところまで来ている放哉とのこの距離感は同郷を思わせるに十分である。放哉の末期の一句「春の山のうしろから煙が出だした」の季節感も踏まえられている『浅緋』(2011)所収。(今井 聖)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます