蠍狗伐荳豁ゥ縺ョ句

March 1932011

 ほつとする出逢ひに似たり春の月

                           嶋田一歩

は季節がめぐると共に、その色調や明るさなど印象が変わってゆく。すこし潤んだ春の月は、どこか心許なく見えたり、ふいに寂しくなったり、この句の作者のようにほっと安らぎを覚えたり。見上げる人の心持ちを映しながら、今日も変わらず夜を照らす。晴れていれば円かな月があるはずの今宵、願いと祈りをこめて空を仰ぎたい。『夕焼空』(1985)所収。(今井肖子)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます