父の命日。遺品の杖を頼りに墓参りに行ってきます。(哲




2015蟷エ2譛14譌・縺ョ句(前日までの二句を含む)

February 1422015

 バレンタインデー耳たぶに金の粒

                           佐藤公子

レンタインデーは、さまざまな変遷を経て今日に至っているが多くの女性は<いつ渡そバレンタインのチョコレート >(田畑美穂女)に思い出す一コマがあることだろう。掲出句の作者にとっても、そんな密かなドキドキは遠い思い出か。たまたま行き合わせたバレンタインデー直前のデパ地下、いつもの売り場がチョコレートで埋め尽くされている。そうかしまった、出直そう、と思いながら、チョコレートに群がる女の子達を見ている作者。やわらかい耳たぶに刺さって光る金のピアスは彼女達の若さの象徴であると同時に、その若さを目の当たりにした作者のもやもやとした何かを呼び覚ましたのかもしれない。私だって昔からおばあさんだったわけではないのよ、とは八十六歳の母の口癖だ。『松の花季語別句集』(2014)所載。(今井肖子)


February 1322015

 鷹匠の獣医の前に畏まる

                           高橋とも子

はその嘴の先が鋭い鉤型をしている。ゆっくりと飛翔して獲物を探し、小鳥や地上の小動物を捕獲する。これを飼い慣らし猟をさせる鷹狩は歴史が古く、家康時代には将軍の専権として鷹狩を遊んだという。今でも鷹匠という者がおり、鷹狩の地や道も残っている。阿吽の呼吸で鷹を意のままに操る鷹匠はそれこそ寝食を共にしながら飼い慣らし育てる。傷付いた鷹を獣医に見せているその眼差しは我が子に向けるように慈愛に満ちている。とは言え鷹匠の目もまた鷹の様に鋭い。他に<春山のやうなをとこと朝寝せり><まつさきに蛇に駆け寄る少女かな><すさまじき能装束の鱗かな>などあり。『鱗』(2001)所収。(藤嶋 務)


February 1222015

 春星や紙石鹼も詩もはるか

                           花谷和子

石鹸!懐かしい。私が小学校ぐらいまで紙石鹸ってあった。湿気があるとすぐベタベタになってしまい実用的に見えて実際の用途に耐えるものではなかった。時代はいろんなものを置き去りにしてゆく。紙石鹸、セルロイドの筆箱、薬包紙、昭和30年代に日常的にあって消えてしまったものは多い。青春期に渇望に近い気持ちで読んだ詩も、今はそうした心持ちで向かうことはなくなったのか。春星と詩の取り合わせは甘やかに思えるが、はるか春星への距離と同時に二度と戻れぬ過去への時間的隔たりを「紙石鹸」という具体物で表している。紙石鹸は懐かしいが今の自分とはかかわりのないもの。あれほど繰り返し読んだ詩も今の自分からは遠い。時代は変わり人の心も変わる。失ったからこそ、郷愁はかきたてられるのだろう。『歌時計』(2013)所収。(三宅やよい)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます